グルコマンナンの効果と効能

グリーンスムージー粉末 > グルコマンナンの効果と効能

よく、グリーンスムージー粉末に入っているグルコマンナンとは?

グリーンスムージー粉末の成分に多く見られるグルコマンナンですが、こちらはこんにゃくが元になっています。
栄養分としては、水溶性食物繊維でいて、性質としては胃の中で水と混ざった際に17倍にも膨れます。
ちなみに、このグルコマンナンはダイエット食品に含まれていることが多いです。

 

グルコマンナンの効果と効能

グルコマンナンには、下記のようなダイエットや健康に繋がる効果・効能があります。

 

満腹感が持続する!

先ほども触れたように、グルコマンナンは胃の中で膨張するといった性質があります。
このことで、胃の中が満たされると、満腹感を感じる満腹中枢が刺激されるので、満腹感を得られます。
満腹感が得られると、「何か食べたい」といった食欲が抑えられるので、いままで食べていた分の体重が減少します。

 

便秘解消

食物繊維の一種であるグルコマンナンは、腸で分解される際にオリゴ糖になることで「整腸作用」を発揮します。
整腸作用というのは、腸内環境を整えることで排便を促すもので、このようにして便秘が解消されると毒素が排除されたことで、代謝を司る内臓機能の向上に繋がります。
こちらが向上すると、代謝も向上するので、食べ物を摂取した際には消費しやすい体へと変化します。

 

血糖値抑制

食事をした後というのは、炭水化物などに含まれる糖によって血糖値が上昇して、この血糖値を下げようとインシュリンが分泌されるのですが、このインシュリンというのは脂肪を蓄積してしまう性質を持っています。
そこで、グルコマンナンというのは血糖値の上昇を抑制する効能があるので、そちらによって上記のような流れをストップさせることが可能です。
このことから、糖尿病の改善としても有効的と言われています。

 

コレステロール値の低下

お肉などを消化する胆汁酸というのは、コレステロールが元になっていて、胆汁酸が作られればコレステロール値はおのずと下がります。
これらに関与するのが、グルコマンナンの食物繊維で、こちらが腸内に満たされていると胆汁酸は吸収が阻害されて排出されてしまうことから、胆汁酸を新しく作る必要性が出てくるので、結果的にコレステロールが使われて値が低下します。
ちなみに、コレステロールが低下すると、動脈硬化、心筋梗塞、脂質異常症といった生活習慣病を防止することが可能です。

 

グルコマンナンの効果と効能まとめ

グルコマンナンは、上記のように“食物繊維”の効能によってダイエットや健康に繋がる効果を得ることが可能です。
注意する点としては、過剰摂取による下痢や、血糖値をコントロールする薬やサプリを飲んでいる場合は、それらが増強してしまうので、飲み合わせにも注意が必要となります。

 

腹持ちがいいグリーンスムージーは?