グリーンスムージーダイエットの方法と飲み方

グリーンスムージー粉末 > グリーンスムージーダイエットの方法と飲み方

グリーンスムージーでダイエットを成功するためのやり方とコツ!

グリーンスムージーダイエットを行う場合は、下記のような飲み方を実践した方がダイエット効果が出やすくなります。

 

グリーンスムージーのみを朝に飲むようにする

ダイエット効果を出したいのであれば、グリーンスムージーだけを飲むことが大事で、その後の食事はしない方がいいでしょう。
なぜなら、この後に食事を摂ってしまうと、せっかくのダイエットに有効的な栄養分をしっかりと吸収することができないためです。
そのため、単体で飲むことが大事で、もっと言うと朝に飲むことがお勧めで、朝に飲むことによって1日の代謝に作用することが可能なので、その後の食事のカロリーを燃焼しやすくなります。
ちなみに、飲んだ後に何か食べる場合は、グリーンスムージーが消化・吸収された40分後がベストとなります。

 

グリーンスムージーをなるべく常温で飲む

夏場では、冷たいグリーンスムージーを飲んでいる方も多いですが、冷たい飲み物というのは、体の冷えによる代謝の低下に繋がってしまので、夏場でも常温のグリーンスムージーが良好です。
だからといって、体を温めるためにお湯で飲んでしまうと、今度は酵素などの栄養分が壊れてしまうので15〜25度の常温がベストです。

 

時間をかけてゆっくり飲む

満腹感に繋げる満腹中枢を刺激するためにも、ゆっくりと時間をかけて飲むことが大事で、この際に噛みながら飲むと満腹中枢がより刺激されることで腹持ちがよくなります。
反対に、一気に飲み干してしまうと満腹中枢を刺激する前に胃に入ってしまうので、空腹感が引き起こされやすくなります。

 

美肌&ダイエット効果が目に見えてハッキリわかるまで3か月は継続すること

上記のようにグリーンスムージを飲むことが大事で、最低でも『3ヶ月』は続けることが大事です。理由として、体に栄養が浸透して体重減少に直結するには、最低でも3ヶ月はかかってくるので、3日坊主ではダイエット効果を出すことはできないからです。

 

また、最初は思うように体重が減少するのですが、あるとき突然体重が減らなくなることがあり、人によっては増加してしまうこともあります。
これは、生命維持のためにこれ以上体重が減らないようにキープさせたり、少しの栄養でも体に溜め込むダイエットの停滞期と呼ばれるもので、ここでダイエットをやめなければ停滞期を抜けてまた体重が減少します。

 

気をつけなければならないのが、この際にダイエットを中断してしまうことで、停滞期は先ほども触れたように少しの栄養も体に溜め込む時期なので、食べたらその分のカロリーが体重へと繋がってしまいます。
こうならないためにも、停滞期に突入しても、持続させることが大事です。

 

他にも、朝食はグリーンスムージーだけと置き換えたり、ウォーキングやヨガなどの適度な運動を取り入れたりと、ダイエット効果をより実感したい場合はこちらがオススメです。

 

グリーンスムージーどれがいい?