グリーンスムージー痩せない

グリーンスムージー粉末 > グリーンスムージー痩せない?

グリーンスムージー粉末を飲み続けて痩せない&太るけど…そんな方は確認してみよう!

グリーンスムージ粉末を飲み続けているものの、なかなか痩せなかったり太ってしまう方もいますが、こちらは下記を行ってしまっていることが原因です。

 

◆牛乳やヨーグルトを混ぜている

グリーンスムージーというのは、野菜と果物に水を混ぜることで完成しますが、この際に味を変化させるためにと牛乳やヨーグルトを混ぜてしまうと、これらの動物性タンパク質によって栄養の吸収が阻害されてしまいます。
そうなると、グリーンスムージーにあるダイエットに有効的な代謝向上や整腸作用といった効能を確かめることができません。

 

◆作り方が正しくない

正しい作り方としては、野菜と果物をただ入れれば良いということではなく、特に野菜では色が薄いよりも濃い野菜の方が栄養価が高いためにそちらがお勧めです。

 

加えて、栄養分の高さをキープするためにも、皮がついたままミキサーに入れることが大事です。

 

他にも、いつもと同じような材料であると、栄養が偏ることで体内の機能が低下してダイエット以前の問題になってしまうので、材料はこまめに変える必要があります。

 

◆果物が多い

スムージーを飲むと分かりますが、味気なかったり美味しさを感じないこともあります。

 

この際、果物を多く入れてしまう方も結構いるのですが、果物というのは糖質が多いので、摂取してしまうと体重増加に発展してしまいます。

 

◆量が足りない

グリーンスムージーというのは、1日1〜2リットル飲むことで栄養が満たされて、効果を発揮します。

 

そのため、コップ1杯など量が少なければダイエット効果を得られるはずがありません。

 

◆冷やしたり温めたりして飲んでいる

冷たい水や氷を入れて飲んでいる方では、水や氷によって内臓が冷えることで代謝が低下したり、便秘がちになってしまいます。

 

また、温かい水と飲んでいる場合は、栄養が壊れてしまうことから栄養を吸収できません。

 

これらの状態では、無意味な摂取になってしまったり、摂取する前よりも体重が増加することに繋がってしまいます。

 

◆作り置きしている

先ほど触れたように、1〜2リットルは飲む必要があるため、作り置きをしている方も多いですが、野菜や果物というのは時間が経過する程に酸化してしまって栄養分がほとんど失われてしまいます。

 

このような状態では、味も良くありませんし、当然ダイエット効果も確かめにくくなります。

 

■終わりに

結果が出なかったり、体重増加した方では、上記のような間違った方法の実践が原因となっています。

 

同時に、グリーンスムージーダイエットは大変ということも解りますが、もっと簡単に出来る方法は存在します。

 

それは、下記のようなメリットがある粉末タイプのグリーンスムージーを摂取する方法です。

  • ダイエットに適した素材を使用している
  • 粉末と水を混ぜるだけと作り方が簡単
  • 牛乳などと混ぜても栄養が阻害されることはない
  • 果物風味であったりと飲みやすく仕上がっている
  • 腹持ちがいいこと

このように、簡単に続けることが可能で、続けるときちんとダイエット効果も得られるので、ルールがたくさんあって自分で作るのが大変と感じる場合はこちらを活用しましょう。

 

グリーンスムージーどれがいい?